--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-01-21

意外な語源

大家好! 
1月も終盤に入り、はやくも年始の清々しい気持ちも目標もすっかり冷めきったquattroです。


そんなquattroですが
昨日、テレビで料理番組をみていて意外な言葉の語源が紹介されていました。


それは‥‥‥






「ケッチャップ」




ketchup.jpg






今まで英語もしくは、ヨーロッパの言語が由来だろうと思っていましたが、


実は
中国が起源だそうです。
(色々な諸説はあるようですが、中国起源説が有力との情報)



ケチャップというとすぐ


トマト・ケチャップ



を思い浮かべますが、大本をたどれば実は中国の


「茄醤 qiejiang」


だそうです。


この「茄醤 qiejiang」は
魚や貝類を塩漬けにして発酵させ、香辛料を加えたものを
“ケツィアプ”と呼び、魚で作ったお醤油みたいなものだったそうです。
つまり、もともとはトマトを使っていなかったとは、驚きですね!


また醤油は大豆から作られますが、
これも中国から伝来したときは、「魚醤(ししびしお)」というやはり魚を発酵させたものです。
従ってケチャップも醤油もルーツは同じで、発達過程が違っているだけなんですね。


この“ケツィアプ”が中国から東南アジア経由でヨーロッパ・アメリカに渡り
その過程でトマトを入れるようになり、それが主流になったそうです。



ちなみに日本やアメリカではトマトベースのケッチャプが主流ですが
イギリスなどではマッシュルームベースが主流だそうです。


意外な場所で中国語の勉強になりました。


ただ、意外な場所でしか中国語の勉強ができていないquattroですが‥‥

スポンサーサイト

theme : 中国語
genre : 学校・教育

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

xuesheng

Author:xuesheng
中国語教室 ニイハオチャイナ神戸

講師陣ブログ ニイハオ広場

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

A mouse groupie(A star)
-Ma vie-
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。